定期預金の利子

マイホームなり目標をたてて貯金するならば、定期預金がお得です。とはいえ、定期預金とひとことで言っても、いろいろな種類があり、どれが一番お得なものかわからずして銀行の窓口の人にオススメされて契約している人も多いかと思います。

貯金しているお金が増える利益は銀行によって利率が変化し、預ける期間も多種多様なサービスとなっています。貯金をしていれば、利息は増えていきます。しかし、利息は銀行によって利率が変化し、預ける期間も多種多様なサービスが用意されているのです。
逆に転換して考えれば、多くの種類からどれを選んでよいのか迷ってしまうことでしょう。普通預金と定期預金、なにしろ一番気になるのは定期にすると、どれほどお得になるかということでしょう。

実際に金利が高いと評判のA銀行だと、どれくらいの差がでるか見てみましょう。100万円を1年間、A銀行に普通預金…0.05%、定期預金…0,44%に1年間預けてみると、普通預金が利率0.05%で100万500円、定期預金、利率0.44%で100万4400円という結果になりました。
1年で3,900円も差が出るのは大きいことです。定期預金の利率は金融情勢などで変化していきます。しかし、半年ごとに金融情勢等にあわせて金利が変わる定期を変動金利といいます。

とはいえ、一般的には固定金利が通常です。満期まで金利が変わらない固定金利は、そのままにしておく必要はないでしょう。一番金利が高いときに契約するのが一番です。 当サイトでは定期預金の利子について解説いたします。

Copyright © 2014 定期預金の利子 All Rights Reserved.